2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018.06.23 (Sat)

自由に何かを感じる時間

観に行ってきました。

『 野外劇 新譚 -糸地獄- 』

36053088_1762760983816327_6800791395629006848_n.jpg
35970135_1762760990482993_5524356565848555520_n.jpg


学生時代の友達が舞台女優をやっていて、彼女の舞台をよく観に行ってたなぁと、ふと思い出したりします。
江古田に住んでいるとアーティストな方々と出会うことが多くて、とても嬉しい。
ひとりのときにふらりと出かけるお店で出会った役者さん。
実はいろいろFBサーフィンしてたら私の友達ともどこかでつながっていて、偶然だと思っている出会いはいつも何かのつながりのもとにあるのではないかと感じます。
その役者さんが出演しているということもあり、野外劇という初体験にも心惹かれ、パンフレットにやんわり書かれた作品の説明にも心惹かれ、観に行ってきました。

私は演劇のことは全く分からないし、「糸地獄」のことも知らない。
今夜はこの野外劇を観に行くので、さて、ちょっと予習でも・・・・・・と思って、やめた。
んー。ほんとはちょっと知ってた方がよかったかもしれない、と、あとで思ったりもしたけど、まぁ、その時はふとそんな気持ちになって、自分になーーーんにも情報を入れない状態で観に行ってみたなぁと思った。
何にも縛られない自由な感覚のままで観たかった。





すごく良い時間を過ごすことができました。
野外の会場は本当に本当に素敵な場所で、ステージ周辺のマンションや建物もとても素敵で、開場を待つ時間すらあっという間に感じました。

36046219_1762761037149655_2447618140192899072_n.jpg

35703239_1762761107149648_7584128164096376832_n.jpg

35943774_1762761090482983_8048379863544889344_n.jpg

35972213_1762761133816312_9188357998873935872_n.jpg


ステージの写真は撮らずに帰ってきちゃったけど・・・・・(^^;

写真は会場の上のほうにある建物で、ここで開場まで待機、ここから会場を見下ろすことができます。
入場の少し前には演者の方が会場に入って、観客のまだ居ない空間で踊ったり芝居したり、会場にどんどん作品の空気を作っていく。
それを入場前に上から見下ろしていて、もうすでにわくわくしていました。


・・・・・ってここまで書いて、今気が付いた。
そうか、この会場(スペース)、おそらく普段は真ん中がステージで、周りの階段になっているところが客席、だよね、普通。球場みたいな感じw。


客席は真ん中に用意されていて、お芝居は、階段状のスペースを中心に繰り広げられていました。
ときどき客席の間も後ろも使ったり、ダンサーさんたちは周囲にいたりもして、そうか、なるほどね、巻き込まれてたわけね私たち。

作品の空気で包まれた会場に入っていくのはなんだかとってもわくわくもするけど緊張もして、ドキドキして、このアートスペースだからできる演出なんだろうなぁ。
演者の方々の作り上げる空気、オーラ。天井や壁のない、空間と呼べるのか分からない場所に、さっきまで何ともなかったこの場所に、気が付いたらなんかすごい空気が流れていて、こうして会場を一気に作品にしてしまう演者さんたちって、すごい。
そんなんで、もう始まる前から感動してました。

観終わって一日たって、こうしてブログに書きたくなって、書き始めてから気が付くいろんなことがある。やっとちょっと心が落ち着いてきたんだなぁ。
観終わった直後は、どうにもこうにも言葉で感想をお伝えできる状態ではなくて、なぜだかずっとドキドキしていて、ひたすら感動しているんだけど説明のできない感動で、いやーーーーーー、すごく良かった!!!とかしか言えなくなってびっくりしたんだけど。

セットもほとんどなし。
立ち位置もほぼ変わらずのお芝居。
そんなこと、観ているときには全然気に留めなかったけど、その役者さんの力だけでこんなにも観客を引き込むって、すごい。




久しぶりに、とっても自由な気持ちで舞台を観た気がしました。
人の持つ力ってすごいなぁ。
空気を変える、とか、オーラを発する、とか、あるんだよね、やっぱり。
良いインプットの時間でした。
音楽ばかりになっていると、どうしても勉強モードをゼロにできない部分もあって、もっと純粋に聴きたいのに聴けないなんてこともあったりしてちょっと自分が面倒なんだけどw。
心を柔軟にしていたいなぁと思います。
だから、こういう時間は本当に嬉しい。

とっても良い時間をいただきました。ありがとう。ありがとう。
16:34  |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.05.29 (Tue)

素顔のジェレミー・スタイグ

5月26日(土)、元町にあるJeremy's gallery & cafeにて「素顔のジェレミー・スタイグ」ビデオ上映会がありました。ずっと行きたいと思っていてスケジュールはチェックしていたのですが、当日まで行けるかどうか、なんとなく不安でしたが、無事観に行くことができました(^^)

33660440_1730558453703247_3294610846587551744_n.jpg

こちらのギャラリーにお邪魔させていただくのは2回目でしたが、初めて行った時も、3時間?4時間?くらい、一人でゆっくり、アサコさんといろいろお話しさせていただいたり、たくさんのジェレミーの絵を見せていただいたりしました。過去記事にも書きました。
なんとなく、もやもやと迷っていたとき、ふと思い立ってここに来たら、なんだかとても心が軽くなって、えらく感動して、エネルギーをもらって、またがんばろうと思えた。

33488286_1730554553703637_8893896900781015040_n.jpg

33580936_1730554563703636_4309498209744453632_n.jpg

33553559_1730554613703631_8195957211873148928_n.jpg



素顔のジェレミー・スタイグというタイトルのアサコさんが編集したプライベート映像。
お人柄が伝わる、とても楽しく、心温まる、ちょっと切ないビデオでした。
ライブ映像もいくつかあって、実際に私が観に行ったライブの映像もあったりして、なんだか嬉しかったです。
私たちにとっては、彼はずっと憧れの存在で、レコードやCDや映像でいつでも聴いているから、なんとなくいなくなってしまった実感はないのですが、こうしてアサコさんがステキなギャラリーを開いてくださったり、ジェレミーのプライベートをお話ししてくださったり、今更ながらに近くに感じられるような体験をさせていただけて、とても嬉しく思ったりします。

昨年の秋頃、初めてここに来た時に見せていただいた絵。
一枚、とても心に残っているものがあって、欲しいなぁなんて思っていたんだけれど、すぐに買うことができず月日が経ってしまいました。こういう作品との出会いもまたご縁で、ご縁があればまた来た時に見れますよ、なんておっしゃっていただいていて、そうだよなぁ、誰かに買われちゃう!なんて慌てて手に入れるようなものではないよなぁ、なんて思って、ふんわり心の隅っこに置いておいたのですが、このビデオ上映会の日にお伺いしたら、まだ売れずにいるとのこと。おおおお☆
そんなんで、前回は私一人で行ったので勝手に買って帰るわけにもいかずでしたが、今回は家人も一緒、見てもらうことができ「よし!」ということで購入、我が家に持って帰ってくることができました☆

ジェレミーの作品はとってもカラフルでハッピーなものが多いのですが、私が購入したものはモノトーン。いろいろな顔をした人物がいろいろに重なり合っていて、何度見てもなにか違うものが見えてくるような、そんな感じかする作品です。

写真をとってここにアップして見せびらかしたい気持ちでいっぱいですがwwwww
いやいや、そんなことをしてはいけません!!!
とは言ってもジェレミーのサイトにちろっと載ってはいるのですが、いやー、写真とは当然わくわく感が違う!!
大好きなジェレミーの作品を見ながら毎日練習ができると思うと、めちゃくちゃ感動的であります!!!


そんなんで、ちょっともやっとしていた私の心を、またこうしてジェレミーに晴れやかにしてもらうのでした(^^)


本当は帰って来てすぐ、興奮冷めやらぬときに書きたかったブログ。だけど。
やっと書けた(≧▽≦)



おまけの写真はジェレミーのライブを初めて観に行ったときのもの。
フルートケースにサインしてもらっちゃいました。
今でも大事に使っています。

10858456_756707604421675_9147889466265417136_n.jpg

10849800_756707107755058_7741210428521850553_n.jpg
23:58  |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.11 (Mon)

Jeremy's gallery & cafe に行ってきました(^^)

先日、元町にあるJeremiy's gallery & cafe に行ってきました(^^)/



・・・・・・・・
めもりある画廊かふぇ JEREMY'S
ジェレミー・スタイグは、亡くなった年2016年の後半にライヴを伴う最後のアートショーを、と願っていましたが、残念ながら実現しませんでした。
2017年9月22日(金)開店の、めもりある画廊かふぇ JEREMY'Sでは、彼が日本へ移住してから描いた最新の作品および作家自身が選んでグリニッチ・ヴィレッジのアパートから日本へ持って来た1960~90年代のオイルパステル等の作品を追悼展示・販売いたします。
日本で使っていた長さ2.4メートルのアートテーブルで、彼のお気に入りのコーヒーやスィーツを味わいながら、ユニークなジェレミー・ワールドをお楽しみください。
当店は、2020年5月末まで営業予定です。
・・・・・・・・


サイトより抜粋させていただきました。

メーリングリストに登録していただいているので、オープン前にいただいたメールで知っていたのですが、なかなか行くチャンスがなくていたのですが、やっと、というか、急に思い立って行ってきました(笑)
こういうタイミング、行かずにはいられないような不思議な気持ち(ちょっと危なそうな気もするw)のときって、やっぱりそれに従った方がいい。うん。

日曜日だったので、もしかしたら元町辺りは賑わっていて、あまりゆっくり滞在できないかなぁなんて思っておりましたが、画廊には奥様のあさこさんおひとり、「画廊になんてそんなにたくさん人が来るもんじゃないですよ~~~(笑)」なんて明るく出迎えてくださいました(^^)

入口はこんな感じ☆
24993257_1562593377166423_635873627790873891_n.jpg

24909730_1561525957273165_6484650251469569195_n.jpg

24900003_1562593373833090_3154730301593856389_n.jpg

矢印に従って階段を昇ったらすぐ。
この案内の看板や絵だけでワクワク感がすごい☆

2014年に初めてジェレミーのライブに行って、フルートケースにサインをもらって、、、、のフルートも一緒に持って行き、あさこさんとそのときのお話しをしたり、その後のライブで一番前のど真ん中で聴いていた話しをしたりw、あーなんとなく覚えているかも!なんて言っていただいて嬉しくなったり、おふたりのなれそめを聞いたり、とにかくたくさんのお話しをさせていただきました。

ジェレミーがいつも絵を描くときに使っていたというテーブル、その場所に座らせていただき、ジェレミーが毎朝飲んでいたというコーヒーと、ジェレミーが好きだったあさこさん手作りのマフィンをいただき、私がまだ聞いたことのなかったアルバムを聞かせていただき、、、、

そう、私にとってはジャズフルーティストのジェレミーさんですが、とにかく素晴らしい絵をたくさん描かれていたんです。

ここは画廊、絵を売っているのです(笑)

彼の絵も大好きで、たくさん飾ってあるのですが、もちろんそれだけではなくて、時期を見ながらいろいろと入れ替えたりしています。少し前にかけていたという絵も何枚か裏から出してきてくださり、これはとてもジェレミーらしい作品だ、とか、いろんなお話しも聞きながらたくさん絵を見ました。HPやCDやレコードのジャケットにも彼の絵が使われていますが、なんというか、絵も音楽と同じ、生で観ると全然感じるものが違う!!!

とても欲しい絵があって、いやしかし、ここで一人即決して勝手に買って帰るわけにはいかん(笑)
ということで、また出国前に必ず行こうと心に決めました(笑)

こういう、絵との出会いもまたタイミングで、もちろん今度行ったときには私の欲しいと思った絵はもう誰かのものになっているかもしれない。
もしくは、私の心の状態が、この日とは違って、違う絵を欲しいと感じるかもしれない。

いずれにせよ、憧れのジェレミーの描いた絵を家に飾れるなんて、、、、と思うと、もう勝手にジェレミーさんとはお友達になったような気持ちで(なんと図々しい!)とても興奮してしまいます((+_+))



結局この時は私一人だったので、ゆっくり3時間も過ごさせていただき、ジェレミーさんのお人柄を感じたり、あさこさんの気さくでお優しい人柄に触れたり、彼の絵からいろんなものを感じたり、すごく幸せですごく嬉しい時間を過ごすことができました(^^)

なんだろうなぁ、とても不思議なのですが、彼の演奏を聴いていると、フレーズがどうのこうのとか細かなことではなくて、音の後ろの景色とか空気感とか、それがとにかくすごい、ものすごいエネルギーとか、感じるものがたくさんある。
で、絵を見ているときも、やっぱり同じような気持ちになるのです。
私は絵のことはぜんぜん分からない素人ですが、なんかこのぐぐぐぐぐぐーっと感じる感覚が、演奏を聴いているときと似てるなぁと思いました。ジェレミーの世界観てすごいんだなぁ。


画廊にはCDやグッズもあって、ちょっと贅沢していろいろ買ってきてしまいました(^^)

25289476_1562033927222368_2554301724312208479_n.jpg
1つ200円の缶バッチ。5種類あって全部まとめて買うと900円!!お得!!(笑)
これはフルートバックに並べてつけようと思います(笑)

25158007_1562033977222363_4350205728662478350_n.jpg
ジェレミーの絵がプリントされたTシャツ。たぶん私には大きいw
パッケージも可愛くて、なんだかもったいなくて開けてません(^^;
中身はサイトで見てくださいwwww
背中にもプリントがあって、フルート吹きにはたまらんです。はい。

24991316_1562033943889033_3499205141539171994_n.jpg
コーヒーとマフィンをいただいたときに使った(いや未使用です)コースターとペーパーナプキン。
絵がステキすぎて使えませんでしたw

24991102_1562033983889029_3266009150940360714_n.jpg
レシートにも絵が!!!

24899996_1562034047222356_4746710965148826207_n.jpg
いろいろ買ったものを入れてくれた紙バッグ。ジェレミーの絵がシールになって貼ってあります。



いろいろと思うことが多い今日この頃、久しぶりに心から好きなものに触れることができて、とてもワクワクする嬉しい時間でした☆
思い立って出かけてよかった!!
心に栄養をもらえて、ここに文字にしてるんじゃ全然伝わらないような感動をもらって帰ってきました!!
私も彼のように生きたいなぁ。きっともっとナチュラルでいいんだよ。そんなこと思ったり。

あさこさん、ジェレミー、本当にありがとうございました(^^)/
20:44  |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |