2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017.12.04 (Mon)

師走に思うこと

さて、すっかり寒くなって師走感も出てまいりました(笑)
今月のライブも、しっかりと準備をして、がっつりいい演奏したいと思います(^^)/



家人は今インドへ出張中なのですが、先日LINE電話で「来年の春からインドに転勤!」という報告を受けました(@_@)
とうとう現実になったのかーーーー。
期間は長くても1年半、って言ってたけど、今までの経験上、わりと予定は未定なことが多いので、時期も期間もあまりきっちり本気にしないで構えております。海外でお仕事してる方はすごいですね。インドもやっぱり日本よりはのんびりしているのでしょうか。現に行った出張はほぼ毎回帰国日かるく伸びてるしw。

あまり変化を好まない体質だと思っていた自分、おかげさまで相模原から大阪へ、大阪から静岡へ、静岡から東京へ(いまここ)、と移動を繰り返しているうちに、わりと引っ越しが楽しくなってきました(笑)初めて実家を出て大阪で暮らしたときは、思ってたんとちゃう、フォロー足りてないし、なんや、結局自分でどうにかこうにか全部しないとあかんのかー、みたいな気持ちでw、結構大変でしたが、今となっては楽しい思い出です(^^)すっかり鍛えられました!

とはいえ、今までは国内の移動、たかが知れてますw
が、インドですよ、インド!!!
語学が苦手で理系に進んだ私が英語なんて話せるわけがありません。おろおろ。
春までに英語もちょっと勉強して、あとインドのことも少し勉強して、お腹壊さないように、現地の人を怒らせないように、怖い思いしないように、準備をしておかないといけないなぁ。。。。。

その前に、一緒に行くのかどうかって話しですが(笑)
国内転勤を何回か体験してくると、1年半なんてあっという間だなぁと思ってしまします。短い!
だからこそ、張り切って行ってもすぐ帰ってこなくちゃいけないしなぁ、、、とかw
でも、こんな機会でもないとインドで生活することなんてないだろうしなぁ、とか。
不安もたくさんあるけど、なんかわくわくしてる自分もいたりして、この歳になってこんなに大きな生活の変化が訪れることがあるんだなぁ、、、、なんて、他人事のようにちょっと不思議な気分でいたりもして。

東京に戻ってきて、やっと少しづつジャズフルート吹きとして活動できるようになったり、知っていただけるようになったりしてきた矢先にさよなら東京、、、、、、えーん(´;ω;`)
帰って来てからまた演奏させていただけるのかどうか、一緒に演奏してくれる人に出会えるのかどうか、むしろそっちの方が不安だったりもします。。。。
行きっぱなしじゃなくて数か月ごとには帰ってきたいと思ってますが、帰って来たタイミングでライブとかうまくできるのかなぁ、もう私のことなんてみんな忘れちゃって、誰も聴きに来てくれる人もいなくなっちゃったりするかなぁ、、、、寂しいよぅ。。。。なんて思ったり。


人生とは、思いがけない変化がたくさんあって(私だけ??)それは望んでいた生き方とは違うかもしれないけど、どうしようもなく流されてみたら、予想外の素敵なことが起こったりもするものですね。大変なことももちろんあるけど、何をしてるかとかどこにいるかとかあまり大きな問題じゃなくて、軸さえ持っていれば、きっとどうにかなるのかなー、そんなふうにも思ったりします。

ネットがこんなに発達していて、会えない人ともSNSで会った気になれたりw、ラインでインドにいる家人と無料通話できたり、今の時代にちょろっと海外に暮らしてたって「あれ??インド行ってたの??」そんなものでしょう(笑)
こうやって時代がどんどん進んで、私が死んじゃった後にはどうなってるのかなぁ、移動に時間さえかかるかもしれないけれど、すごーーーーく遠くにあったものがとっても近くに感じることができるようになるのでしょう。そんなことも考えたりしてます(^^)


そんなこんなで、たぶん、春からインド。
ちょくちょく帰ってくると思うのであまりいままでと変わらないと思いますが、またライブ活動も続けていきますので今後ともどうぞよろしくお願いします(^^)/
せっかくのインド、いろいろ体験してこようと思います!!!(笑)




春までのライブ、すでに3月末の予定も入っていたりします。それ以降はしばらくお休みになると思いますので、ぜひ聴きにいらしてください(^^)/随時更新中☆

2017年12月13日(水)
(東京)
池袋『INDEPENDENCE』
塩川俊彦(gt)
カイドーユタカ(b)
坂野尚子(fl)
http://jazz-independence.com/

2017年12月14日(木)
(東京)
立川『農家』
浅利史花(gt)
坂野尚子(fl)
http://nouka2003.web.fc2.com/

2017年12月23日(土)
(神奈川)
矢部『すずらんハウス』
黒木美紀(vo)
伊藤かな(hca)
大谷愛(pf)
坂野尚子(fl)
http://gotogetaways.wixsite.com/we-are-suzuran
           
2018年1月13日(土)
(東京)
渋谷『KO-KO』
☆ジャズフルートセッション☆
※セッションホスト
http://jazz-koko.mods.jp/
           
2018年1月14日(日)
(静岡)
富士『Jazz Live Köln』
三改木多恵子(pf)
坂野尚子(fl)
http://www.fujinokuni.co.jp/cz/koln.htm
           
2018年1月24日(水)
(東京)
池袋『MONTGOMERY LAND』
小島のり子(fl)
塩川俊彦(gt)
安東昇(b)
坂野尚子(fl)
http://montgomery-land.net/
           
2018年2月8日(木)
(東京)
渋谷『壺の中』
黒川和美(vo)
池田みどり(pf)
小林秀行(gt)
坂野尚子(fl)
http://tsubo-no-naka.com/
           
2018年2月9日(金)
(静岡)
富士『Jazz Live Köln』
宇佐美真紀(vo)
三改木多恵子(pf)
三改木道男(b)
江藤良人(ds)
坂野尚子(fl)
http://www.fujinokuni.co.jp/cz/koln.htm
           
2018年3月28日(水)
(東京)
新宿『Jazz PolkaDots』
長谷川夏子(vo)
竹内亜里紗(Pf)
坂野尚子(fl)
http://www.jazz-polkadots.com/



Sound Cloud にもまた少しずつ音源アップしたいなー。
CDも作りたいなー。
https://soundcloud.com/naoko-sakano
17:10  |  生きる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.11 (Mon)

人間であるということ

選挙が終わりました。
いろんな考えを持つ人が、ネット上でディスり合っていて、目にするたびに心がどんよりしました。
相手を否定するようなことばかり書かないで、理解を示しながらの議論てのはできないもんかなぁと、いつも思う。

選挙自体の不正疑惑とか、マスコミが自民党に買われてる疑惑とか、いろんな疑わしい話しがどんどん出てくるけど、それが事実だろうが事実じゃなかろうが、もうそういう疑惑が出た時点で信用がないってことなんだなぁと思います。
安倍さんは国民が理解を示してくれたとか言ってたけど、きっと理解を示しているのは生活に困っていないそこそこ生活の安定している人とか、お金持ちの人たちなんじゃないかなぁと思いました。そして大半は組織の人とか、みんなが自民党って言ってるから入れとくか、みたいな人。

とあるおじさんが、三宅洋平さんの演説後、募金を集めているボランティアの人に40円を渡していったそうです。募金を受け取るためには名前や住所を記入してもらわなくちゃいけないらしく、そのスタッフの方がそのことを伝えると、「私はホームレスなんだ。どうかこの国を変えておくれ」って言ったそうです。その方にとっての40円が、どれだけ大事なものか、それを差し出して、日本の未来を変えてほしいと願いを託したんですね。スタッフの方はそれをおじさんの手に返して、「おじさんの思い、必ず伝えるから!!」って言ったそうです。この話しを聞いて、とても切なくなりました。

投票率54%くらい。
選挙権を持っている人の半分くらいの人。
国のことなんんてほんの少しの人がみんな決めちゃうんですね。



なんて、選挙で熱くなってましたが、いろんな不正疑惑にも腹を立てたりもしましたが。。。。

私は理系の勉強をわりとやってきたので、なんとなく考えたんです。。。

人間は、きっと、生涯戦争を終わらせることはできないでしょう。
なぜなら、生物だから。
選挙のことでネット上で喧嘩してるのも、爆弾落としてないだけで戦争みたいなもんで。
そうやって争って生きる生き物なんだろうと思います。
そして、頭が良いからなのか悪いからなのか分からないけど、いろんなことを考えられるから、簡単に洗脳されてしまうのでしょう。
誰もが何かに洗脳されていて、自分の感じてるものを正しいと信じている。
下等動物よりもずっとずっと厄介で愚かな生き物なんだと思います。

そんなことを考えてたら、不正があったとか、操作があったとか、いろんな疑惑が出てるけど、それも含めて人間のしてることで、全員が「良い人」になんてなれないということなんじゃないかな、犯罪も無くならないし、、、、実はこれが自然な形なのかもしれない、なんて思ったりもするのでした。


世界のどこかで誰かが戦争してる。
戦争は良くないことだったからって反省しても、時代が進んでまた同じことをする。
人間てそんなもんなんじゃないかな、とも、思うのでした。悲しいけれど。
欲の深い生き物だからね。分け合えないんだね。
でもきっと、生物ってみんなそうだよね。
まだ動物のほうが分け合ってるかもしれないかw。


でも、できれば、あんまり生産性のない喧嘩はしないで、喧嘩じゃなくて聞き合えるようなことも、努力したらできると思うので(笑)そういう方向にときどき心を律しながら生きられたらいいなぁと、思います。

日本は、世界は、どうなっていくのかなぁ。。。。。



ちなみに、安倍さんと高校時代クラスメイトだったっていう人の知り合いからまた聞きした話しですが、安倍さん、大人しくて優しいいい子だったそうです(笑)
総理大臣とかやらされちゃってね、可哀そうにね、って言ってたそうな。
20:01  |  生きる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.07 (Thu)

選挙

さて、もうすぐ選挙。

政治の話しをネット上で書くと危険だって、友達に止められた。
いろんな意見を出し合うやりとりとか、そういうのがもっとオープンにできたりしても、何も悪いことじゃないと思うんだけど、実際やると、喧嘩になったったり、誹謗中傷だらけになっちゃったり、、、、私よりもずっと先輩の方々にも、自分と違う考えの方に対してひどい言葉遣いで主張を突き付けたりしているのも見たし。

政治に対してもっとみんなが個人の意見をしっかり持って、それを見聞きする人もそんな意地悪な攻撃の仕方とかしないで、「私は〇〇と思うわ」「なるほどそういう考え方もあるのね」「でもこうも考えられるよ」「そうだね、でも私はこっちが好きだなぁ」とか、そんなふうに思いやり持って政治の話しもできないものなのでしょうか。。。。

なんで、自分の国の未来について考えてるのに、みんなで喧嘩しなくちゃいけないの???
なんで、自分の国の未来について考えてることを書くことが危険なことになっちゃうの???


政治になんてさっぱり興味がなかった、というか、分からなかった昔の私が、日常生活を送る中で、なんかちょっと違和感を感じる。。。。と思い始めた事柄があって。
一つはFB。FBに初めて登録したとき、「これはあなたのお友達ではありませんか??」って、FBが、FBやってる私の友達を教えてくれた。すごく怖かった。なんでFBは私の友達を知っているの????

もう一つ。
笑っていいとものテレフォンショッキングのゲストが毎回、フジテレビの番組の番宣絡めてすでに決まっていること。そういうふうに変わったとき、フジテレビの番宣ばっかりになっちゃったんだなぁ、いいともの面白さがこれで無くなってしまったし、笑っていいともという番組を面白くするための熱意みたいなものが、薄れてしまったようにも感じた。
なにより、だれか上に立つ偉い人が、みんな操作してるのかなぁって思った。


私のような、見たものすぐに真に受けて騙される人間ですら、ただ暮らしているだけなのに何か違和感を感じる。
そう思ってからは、あれよあれよという間に、嘘のネット情報やマスコミの策略、政治的圧力の影、そういうのに気づき始めてしまった。


今回の選挙では、いろんな政策掲げてるけど、たぶん、一番の判断の種にしないといけないのは、改憲だと思う。

自民党の改憲草案を、全文読んだ。
さらっと読み進めれば、分かりにくい言い回しを分かりやすく訂正してたりするし、そんなに騒ぐほど悪いものじゃないんじゃないの???って思うと思う。

そこが上手いところなんだね。

悪いこと書いてないでしょう。書いたら即ダメって言われるから、当たり前だよね。
もちろん、戦争しますよ~、徴兵しますよ~、私たちに従ってね~(これは近いことが書いてあるかw)、あなたたちの自由はありませんよ~、なんて書いてないし、この改憲草案を良いと思っている人は、「戦争するなんて言ってないじゃん!」て言うと思う。

私が思うに、もちろんそんなことは書いてなくて当たり前なんだけど、その文章の解釈が、都合よく変えられるような表現になっているってところがよろしくないんだと思うんです。
「戦争しますなんて書いてなかったじゃん!!」って言ったところで「戦争しませんとは書いてませんから」とか言われちゃう可能性が充分にあるということ。

国の最高法規である憲法が、都合よく解釈いろいろできちゃうようじゃダメでしょ。
誰が読んでも同じ意味に捉えられなくちゃ、憲法の意味ないでしょ。

なんて思うのですが、、、、、。

内容はともかく、ともかくとか言ってる場合じゃないんだけど、国民を試すような表現になってる憲法とか私は嫌なんです。
それはちょっと勘ぐりすぎだよ、、、、って思う人もいるかもしれない。
できることなら、いろんなこと真っ直ぐ信じて、きっとあの人なら国民を守ってくれるよ、大丈夫だよ、なんて気持ちになりたいものですが、もやもやと日常から感じる「騙されてる感」が拭えないのが、正直な感覚です。


三宅洋平さんというミュージシャンの方が、選挙フェスという楽しいお祭りをやっていて(笑)
なんなんだろうなぁ、人を引き込む話し方、うまいなぁ。つい目頭熱くなっちゃうじゃないの。
友達に見せたら、これも策略だね、なんかずるいね、ネットで話題になればどんどん拡散されるし、そこをうまく利用して、結局票集めに走ってるだけじゃん。。。。って言ってたけど、票集めるのが選挙ですから~~~~(笑)
それの何が悪いのか私にはさっぱり分からないんだど(笑)、選挙はなんかもっとお堅いものだと思っている方々もきっとたくさんいるんだと思います。

政治に音楽を持ち込むな、だっけ??あれ??逆???
なんかそんなことも話題になってたけど、

アーティストって、本当のアーティストって、ものすごく意思が強いんじゃないかと思うんです。
だって、自分を持っていて、自分の考えや気持ちを持っていないと、アーティストになんてなれないと思うから。誰かに流されていては自分のアートなんて作れないでしょ。
で、アーティストの面白いところって、地位やお金よりも、自分を表現することや、自分のアートが認められることに喜びを感じたりしてて、絶対とは言えないけど、彼らにとっては地位やお金が一番の価値あるものではないということ。

そういう気質の人が政治やるって、けっこう良いんじゃないのかしら、なんて思うのでした。
ズルくなくて。



それにしても、なんか日本怖い。
こうして政治のネタをちょろっとでも書いたら、この記事も自動削除されたり、逮捕されたりする時代になっちゃうのかな。
怖いなぁ。。。。
怖くてさすがにFBには書けませんでしたが。。。。
みんなでわいわい政治の話しもできる環境になったらいいのに。
02:53  |  生きる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.05.22 (Sun)

ポッカリと。。。。

4月13日、フルーティストのジェレミースタイグさんが亡くなられたそうです。一昨年ライブを見に行き、私のフルートケースにサインを頂きました。

10849800_756707107755058_7741210428521850553_n.jpg

10858456_756707604421675_9147889466265417136_n.jpg

私はジェレミーさんのフルートが大好きで、生で演奏を3回聞きに行きましたが、毎回毎回、溢れるエネルギーに圧倒され、ただただ感動して帰ってきた、そんなライブでした。本当に素晴らしかった。もう70歳を超えていましたが、昨年末にもライブをされていて、亡くなられたのが4月、ちょっと急だなぁ、体調悪かったのかなぁ、なんていろいろ思いを巡らせながら、もう一度ライブに行きたかったなぁと、悔やまれてなりません。。。。
ジェレミーさんのHPがとても素敵で、今日は一日中HPをあちこち見ていました。お人柄あふれるブログ。素敵な絵。
自分の音を探しなさいって言葉が印象的でした。
ひたすら残念で、とても寂しい。
ご冥福をお祈りいたします。。。。。



実はつい1週間ほど前、実家で飼っていたコザクラインコちゃんが亡くなって、悲しみにふけっていたのです。10年も飼っていたから、それはそれは寂しくて。
といいつつも、世話はほとんど母がやっていたのですが、だからこそ、母のことも心配で、なんだか心穏やかでない日々を送っていました。



命には終わりがあります。
当たり前のことだけれど、そんなこと毎日深く心配しながら生きてはいないし、毎日泣いてなんかいられないし。
でも、なんというか、生きるってそういうことなんだよなぁ。。。。なんて、ちょっとしみじみしながら。。。。


さて、今日も一生懸命フルートを吹きます。
08:51  |  生きる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.12 (Mon)

ありがとう

GWの後半5月5日、高校時代の同級生が空に旅立って行きました。
そんな連絡をいただいたのも、最近学生時代のお友達とラインやフェイスブックを通じて再会していたので。
空へ旅立つ道を自ら選択したようで、とてもとても切なくなりました。
仕事や家庭や生活にいろいろ悩んだり、一番ストレスが多いであろう30代の今。何がそうさせたのか本当のことは何も分からないけれど、いろんな思いが巡ります。

お別れの会には行けなかったのだけど、そこに集まった同級生のみんなが、彼の声掛けと題して同窓会を企画していました。ラインやFBで連絡がきて、懐かしい名前や写真を見て、益々やるせない気持ちが募りました。
こんなに集まれる仲間がいて、なぜ、彼が旅立つ前になにもできなかったのだろうと。



母校が大好きです。
一学年400人くらいいて、みんなみんなと交流が持てたわけではなかったけれど、そこに集まる仲間はみんな熱く、くだらないことにも全力で、笑うことにも泣くことにもいつも全力だった気がします。
懐かしい高校時代。学年のなかでも一番わいわいやってるグループの一人だった彼。今は辛さから解放されて、全力で笑っていたあの頃を穏やかな気持ちで思い出したりしているかな。笑っていてくれたらいいな。



SNSの普及のお蔭で懐かしい友達との再会が続いていたタイミングだったので、なんだかいろいろ考えてしまいました。
卒業してみんなそれぞれの道を歩むようになって、気が付いたらみんな必死に生きてて昔を懐かしむ余裕なんてなくて、もうちょっと、あともうちょっとしたら、40代になったら楽になれるよなんてよく言われるけど、そうだとしたら、忘れかけてる何かを思い出すことができたり、大人になった仲間と支え合えたり、そういうときがやってくるのかな。

彼のお蔭で同級生の仲間が集まることができたとしたら、それはありがとうなのかもしれないけれど、でも、そこには彼がいてほしかったという思いは拭えません。そんなん言ったらいじけちゃうかな。怒ってないよ。あなたは勇気をもって決断したのだから。いまは笑ってる顔しか思い出せないのだ。ゆっくり休んでね。
15:05  |  生きる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT