2009年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2009.03.31 (Tue)

思考回路の違い

人は、誰もが同じってことはなくて、どんなに気が合うと感じる人とでも、絶対に違いはある。

人は、言語を使って意思表示をする。
だけど、同じ言語を使っていたとしても、その言葉の裏側にある気持ちとか感情とかは、みんな違う。

口に出さないと分かり合えないこと。
口に出しても、言葉だけじゃ分かり合えないこと。

いつも人は、自分を理解してくれないと嘆くけど、はたして理解してもらえるような努力をしているのか。

言葉に気をつけているか。言葉を選んでいるか。
結論だけじゃなくて、過程を伝えているか。考えの道筋を丁寧に伝えようとしているか。
相手にちゃんと伝わっていると感じられるような事象に心を傾けているか。
相手の思考回路や、相手の使う言葉の裏側の意味を理解して話しているか。

身内だからといって、簡単に分ってくれると思い込んでいないか。
伝えることに手を抜いていないか。甘えてないか。
分ってくれているということを前提に話しをしていないか。

時間をちゃんとかけているか。
大事なことのポイントが、相手とずれていることにも気を使っているか。
相手の立場になって、物事を伝えているか。


結局、お互いの違いを理解して、受け入れて、それも踏まえて言葉を選び、伝えようとしないと、なんにも伝わらない。
聞き手も、相手の言葉の裏側の意味を感じ取りながら聞かないと、相手の本当に伝えたいことは理解できない。

どんなに気が合う間柄でも、身内でも、伝えることに油断をしない関係が理想。
向き合うことに真摯になれるのが理想。


思考回路が違うという、基本的なことを、きっと人は一番忘れちゃってるような気がする。
誰も同じなんてありえない。
みんな、たった一人の、その人なのだから。

そこにいつも愛情をもてたらいいのにな。
思考回路の違いに。



01:55  |  思考  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.30 (Mon)

週末日記

27日(金)

前の前の職場で一緒に仲良くしていただいていたお友達(と言っても人生の大先輩!!)が、私が大阪に引っ越したということで、お休みを合わせて大阪に遊びに来てくれました(^^)

ちょうど一年前、同じ3月の末頃、同じメンバーで鎌倉散策しました。
そんな感じで、職場でもOFFのときでも、とても仲良くしていただいていたお友達に久しぶりに会えるということでテンションアップw

大阪を案内して~なんて言われてて、さて、まだまだ大阪初心者な私はどうしようかと考えつつ、とりあえずお好み焼きは食べとかなあかん!!ってことで、お昼からなんばの味の屋へ。

20090327124723.jpg

ここは、私が引越し前に大阪に下見(?!)に来たときに相方に連れて行ってもらったお店。
おいしいんです、すんごい。関東にいたらこんな旨いお好み焼き食べれません。たぶん(^^;
私もお好み焼き久々だったので嬉しかった☆

関東では、お好み焼き屋さんで焼いてくれることってなくて、みんな自分で焼くんだけど、関西ではちゃんとお店の方が焼いてくれる。まずそれにみんな感動w。

お昼からお腹いっぱい食べて大満足。
で、時間もあるしどこに行こうかと、えっと、観光マップとか見ながら考えて、大阪城に行くことにしました。私も大阪城には行ったことなかったので、すっかり観光客気分。

20090327144343.jpg

大阪城公園ってめちゃくちゃ広いんですね~。
まだ桜はほとんど咲いてなかったけど、桜の時期はすごく奇麗なんだろうな。
天守閣から大阪をぐるりと眺めて、遠くに見える通天閣とか、梅田の観覧車とか、あ~なるほど・・・とか思いながらゆっくりしてきました。
歴史の街大阪。

住んでるとなかなか行こうとしなかったりして。
でもこうして友達が訪ねてきてくれたお陰で、久しぶりに日常を離れて、ゆったりと大阪を楽しめて良かった。

その後は梅田に移動、夕方になるまでお茶して、ちょっと夜景を楽しんで、心斎橋に戻りました。
久しぶりの再会に、なんだかお家に帰ったような、ちょっと切なくあたたかい嬉しい気持ち。
ありがとう。遊びに来てくれて、感謝でした☆



で、夜は、私は一人道頓堀近くのジャズ&ボサノバのお店YAKATAにGO!
素敵なボサノバ聞けるということで、マスターの計らいもあってお邪魔させていただきました(^^)

神奈川にいたころずっとやってたボサノバ。
久しぶりに生で聞いて、これまたほっこり懐かしい気持ちになりました。
歌声もギターも、素敵だった♪

私も3曲ほど飛び入りさせていただいて、すごく楽しく演奏させていただきました(^^)
ライブ後も遅くまで飲んでしゃべって、また何曲かボサノバセッションして、すっかり仲良く遊んでいただいちゃって、とっても幸せでした。




28日(土)

29日の友人の結婚式に出席のため帰省。
早めに新幹線に乗って夕方相模原に到着。
この日は、ねえやんと2人で沖縄料理堪能。

注)ねえやんとは、ちょっと歳の離れたお友達w。大阪出身のボーカリスト。アニソン歌わせたらすごいのwww。いつも帰省のときには遊んでくれます(^^)

お正月に会ったきりだから、ちょっと久しぶり!
というわけで、沖縄料理屋でヘルシー料理をいっぱい食べて、泡盛飲む。

そして、私の大好きな相模原のジャズバーに移動☆
ほんと、ここに来ると帰ってきた安心感で満たされる。
あぁぁ、うれしいなぁ、相模原大好きだぁ、やっぱり地元はいいなぁ。

久しぶりにまたいろんな美味しいカクテルを作ってもらって超幸せ☆
この日のスペシャルはこれ。

20090328231941.jpg

いちごちゃん☆


見た目と違って、大人な味なんですw

ストレイブルーにいると時間忘れちゃう。帰りたくなくなっちゃう。
こっちにいる間にもう一回行きたいなぁ。

っていう、久々の帰省時に、今、実家でパソコンかたかたしてます(^^;




住み慣れた相模原はやっぱりあたたかい。ほっこりやさしく出迎えてくれて、疲れた心を癒してくれる。地元っていいな。こうして帰ってくると、慣れない大阪の地で意外と頑張ってる自分に気が付くw。
あと一日半、ちょっと相模原に甘させてもらお~。

01:17  |  徒然  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.30 (Mon)

最高に素敵な誓いの言葉

週末、いろいろありました。
順番前後しちゃうんだけど、今日の素敵をホットなうちに書きたいwww。

今日は恵比寿にて、バンド仲間の結婚式&披露宴がありました。
レストランウェディングで、友達中心のアットホームな、心温まるいい結婚式&披露宴でした。

タイトルにも書いた、最高に素敵な誓いの言葉。
「私○○は、妻○○のために毎朝朝食を用意し、お昼ごはんのためにおいしいおにぎりを握ることを誓います」「私○○は、夫○○の作ってくれたおにぎりを、毎日忘れずに会社に持って行き、○○のためにおいしい夕食を用意し、帰宅を待ち、毎日楽しい夕食の時間を過ごすことを誓います」

だいたい、こんな感じだったと思います(^^;


友人ばかりの披露宴ということで、フランクな感じで、こんなあたたかい誓いの言葉をみんなの前で述べた二人。
会場にいる人たちの笑いと、でもそこにある愛情いっぱいな空気感が、たまらなくキュンとさせるのでした。

この言葉って、すごくあったかいと思うんです。
だって、お互いが一緒に生活するってことにちゃんと向き合ってて、新しい生活を2人で作っていくことをちゃんと大事に大事に考えてて、努力してて、2人で生きてくことにものすごく真摯に、愛情もって、大事に思ってるんだ・・・・・っていうのが、ジンジン伝わってくる言葉だと、思ったから。

お互い長い間別々に生きていた二人が、さぁ、一緒に生きよう!!って誓い合って、新しい生活がはじまる。
そう、あたらしく生活を築いていくんです。
どちらかがどちらかの生活に合流するんじゃなくて、それぞれが今まで通りの生活を貫くんじゃなくて、一緒にあたらしく作っていく。
それにはやっぱり、努力も必要。だって、生活が「変わる」んだから。大変で当然。
でも、それを一緒にやっていこうっていう、そういう姿勢が、当たり前なのかもしれないけど、すごく素敵だと思いました。


っていうのを、書きたかった、ホットなうちにwww。


恵比寿のお洒落なレストラン。
余興で演奏もしてきました♪
最後に場所移動して、デザートビュッフェ。
女の子にはめっちゃうれしいプランニング☆笑
20090329140803.jpg

幸せのおすそ分けな一日でした(^^)

00:25  |  生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.24 (Tue)

音楽にとりつかれ

いつから、何故、こんなふうに音楽にとりつかれてしまったんだろうと、思った。

幼少時代にピアノを習っていたわけでもなく、音楽の溢れる家庭に育ったわけでもないのに。


ただ楽しむという存在ではなくて、音楽のどこかに自分の心を写していたのだろうか。

構造がどうだとか理屈がどうだとか、そんなことに興味をもったことなんてなくて、ただそのメロディーの中に自分の感情を映し出していたのかもしれない。
それが、最高に気持ちよかったのかもしれない。

テクニックを演奏中に意識したことはほとんどなく、いつも思うのは、音の流れから感じる気持ち、景色、温度、ストーリー、そんな曖昧なものばかり。



自分が何故音楽にとりつかれてるのか、この先どこに行きたいのか、私には何ができるのか、なんか、そんなことばかりを考える今日この頃。


ただ、何故か分からないけど、私にとって音楽とは、どこか特別な位置に存在しているものであることは、確かなんだ。
01:21  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.23 (Mon)

誰かのために

役に立ちたいとか、助けたいとか、守りたいとか、思うよね。



昔誰かに「自分を大事にできない人に他人を助けたりできない」と言われた。

そのときは、そんなことないよっ!!!って、ものすごく反発心を抱いたけど、今となってはその意味も分かるようになった。

自分を守って、ちゃんと立ってて、自分自身とちゃんと向き合って認めて、コントロールできようでなければ、いつも故障して誰か何かに助けてもらわなくちゃいけなくなる。
そんな人間が、自分自身を守れないような人間が、他人を助けることなんてできない。


言い換えれば、自分を守ることが、他人の助けになるってこと。
自分をちゃんと守って、自立して、コントロールして、笑顔で元気にいられれば、他人の助けなんていらない。
他人の助けがいらないことは、他人を助けていることになるような気がする。
余計なエネルギーを使わせなくていいから。
またその人も、自分を大事にできるから。


ちょっと言葉が大雑把だけれど、そうして誰もが自分を守ってコントロールして生きられたら、誰もが助けられて笑顔で生きられるんじゃないかと思った。

それは、関わらないとか、必要としないとか、そういうことじゃなくて。
誰かがいないと生きられないんじゃ、誰とも一緒になんて生きられない。



ただ自分を守ればいいんだと。
それが誰かを助けることに、物事がスムーズに動くことに、つながると。

18:40  |  思考  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.20 (Fri)

シンプルでいいと・・・

・・・分かっている、はず。



物事を

いつも複雑にしているのは

自分の心


なにもかもが

本当はとてもシンプルに存在していて

なのに
 
経験や記憶やトラウマやプライドが

シンプルな物事に不必要な装飾を施す


ときにはその装飾が大きすぎて

芯が見えなくなり

迷い

苦しむ


いつも

そのシンプルな軸だけが見えていたら

迷ったり悩んだり

しなくてすむのに


心の目が

いつも澄んでいて

自分の心に正直にいられて

余計な装飾に心奪われずに

必要と感じるものを

欲しいと願うものを

素直に受け入れられたらいいのに


そして

それを

素直に喜ぶことが

できたら

いいのに




21:45  |  心の声  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.19 (Thu)

音楽

なぞ。音楽ってなぞ。



もしも私たちが、紀元前に生まれていたら、どんな気持ちで音と接していたのだろう。
もしも100年前に生まれていたら、どんなふうに音楽していたのだろう。
歴史を垣間見れば見るほど、今ここにある音楽って、ものすごく機械的に作られているものなんじゃないかと思ってしまいます。

私は、音楽って、なんかもっと、心の、感情の表現だと思っていて、そこに理屈もへったくれもないじゃない!!なんて思っていたけど、実はそうじゃなくて、もしかしたら、めっちゃ勉強したら誰でも音楽できるんだ・・・というような気持ちになってきました。大雑把に言うと。

というのは、今の時代だから、なんだろうな。
いろんなことが理論化されて、誰にでも理解できるような統一を図りたがって、考え方の道筋を欲しがって、そうしてああだこうだしてたら、誰でもなんでもできる時代とか、来ちゃうのかな。来ないかな。



昔、ジャズの演奏を始めたころ、「大多数がいいと感じるようなフレーズがある」っていうことをよく言われて、「それは違う」とか「その次はこっちの音だろ」とか言われてばっかりのころがあって、結構混乱していた時期がありました。理論的にあってる音でも「間違い」といわれることがある。

人間の感覚ってすごいから、音の流れとかメロディーとか、自然だなぁと感じたり不自然だなぁと感じたり、なんか分かるんですね。っていうのも現代の音楽に洗脳されてるから、もしかしたら大昔の音楽聴いたら「ん??」って思うのかもしれないけど。


ジャズって音楽があって、それっぽく聞こえるための音っていうのがあって、それっぽく聞こえる音の並びがあって、なんというか、ジャズを演奏したいとなると、そういうものを学べばいい、って話にもなるわけで。
アドリブって言っても、そのメロディーがジャズっぽいとかジャズじゃないとか、いろいろ言う人がいるけど、ジャズっていう音楽を演奏したいなら、やっぱりジャズの音を出さなくちゃいけない、というか。

なんかね、もっと自由だと思ってたの。
いや、自由でいいのかもしれない。
でも、そうじゃないのかもしれないと、考えるようになってきた。

ジャズの曲やります。でもアドリブはなんだかジャズっぽくないね~って、そうなったら「ジャズじゃない」って言うことになるのかもしれない。

ジャズ=なんでもあり では、ないのではないか。と。


音楽には歴史があって、人間はいろいろお話を統一化するためにジャンルとか作ったけど、ジャズってカテゴリーの音楽ってあって、広いし時代背景によっていろいろ変化してるんだけど、そういうジャンルの音楽やりますってなったら、なんでもいいじゃないんじゃないかと。


昔師匠が「ジャズの練習もクラッシックの練習も同じよ」って言ってた意味が、なんとなく分かるような気がしてきました。


練習したら、きっとできるようになる、ってことなんですけど。





で、私の思う音楽って、構築するということ意外に、やっぱり表現だと、思う。
表現で、何を表現したいかって、感情の動きだったり、心だったり。
だとすると、自分の中から出てくる音って、大抵自分の経験した音なわけで、私、日本人で、しかもジャズを聴くようになったのなんてかれこれ10年前くらいで、たった10年の、しかもそこそこ大人になっちゃってから聴くようになったもので、それが自分の心や身体に自然になじんでいるとは、とうてい思えないわけです。

生まれたときから音は、音楽は、身の回りにあふれてて、私の年代だと、松田聖子とか中森明菜とか、私は特にチェッカーズが好きだったんだけど(爆)、そういう音楽ばっかりに触れて生きてきてて、そりゃそっちのほうが馴染みがあるに決まってる、と思う。

あっ、高校時代に一生懸命やってたブラスバンドの曲、現代音楽っぽいのは衝撃だったから結構印象に残ってるけど。

だから、自然にほっといても、ジャズっぽい音なんて、きっと体内から生まれてこないんだと思うわけです。
自分の表現に使いやすい言語、音、馴染みのある音列から、自然に音を選んで表現する。表現しやすいもの、生まれてくるものは、自分の中にあるもの意外ない。
と、思ったりもするのです。

で、ならば、そういう自分の表現として、出したい音を出し、身体から生まれてくるメロディーを演奏するってことを、ジャズの曲のアドリブにおいてやってみるってことは、ジャズじゃないことになるのだろうか。

ある見解からは、ジャズじゃないというかもしれない。
いや、それがジャズだという人もいるかもしれない。
フレーズによるよね~っていう人もいるかもしれない。



音楽をするってことと、表現をするってことの、位置の違いというかずれというか、大昔はそれは同じところにいたんだけど、現代は、究極的に言ったら、それらが無関係であっても、音楽ってできてしまうものなのかもしれないと、思った。本当に感動を生むかどうかは別として。

って、いろんなことがどんどん理論化されていって、解明されていって、整頓されていって、とっちらかってたからあった良いものとかも少数派になっちゃったりして、そういうの、ちょっと寂しい気もします。




混乱してきた(爆)
適当なこと書いてて音楽屋さんにはたいへん失礼な文章かもしれませんね。ごめんなさい。

19:16  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.17 (Tue)

最近の些細なこと

新しくしたばかりの携帯電話を、昨日、とうとう落下させましたw。
たいてい買うと2ヶ月以内には落下させ傷をつけちゃうから、今回は超大事に気をつけていたつもりなのに、あ~ぁ(;;)
でも、こうして傷が増えていくたびに、だんだん自分のものになっていく感が、またいい、と、思いたいw。

お気に入りの腕時計も、何より大事なフルートも、よく見たら傷だらけ。
でも、私のものなんだぁ。うん、かわいい。うんうん。




えっと、生理痛があまりにもつらいので、病院でいろいろしてたのですが効果なく、とうとう低容量ピルにチャレンジすることにしました。
飲み始めて5日。4日目から吐き気に悩まされております。でも今日はちょっと慣れてきたかも。
っていう、女の子なお話し。
男性のみなさんも、いろいろ知っておいたほうが思いやりがもてていいかもしれませんねw。なんて、女子からの希望的発言ww。




4月4日に、関西の超若手メンバーに混ぜていただいて、ZOUというおしゃれバーでライブ予定。
先日スタジオに入ってちょっと合わせたりしたのですが。。。。。

若い。

選曲からノリから勢いから、若い(爆)
暴走しないようにがんばりますwwwwwwwwwww。

いろいろ課題が見えてよかった。





やっと今年度の仕事がひと段落して、練習モードになりました。
去年の夏に大阪に転居、今までとはまったく違う生活環境にあれよあれよと流されていて、練習が思うようにいかない環境をそのままに。
ふと気がつくと、なんだか今までやっていたような練習がまったくできていない。これは非常にまずい。
相方にも「教えてっていうけど練習しないじゃん」と突っ込まれ撃沈。
思えば日々の生活に振り回されていて、自分の思うような時間の使い方がぜんぜんできていないことに気づく。まずい。

環境が変わったことにストレスを感じている自覚はあまりなかったのだけど、何かが少しずつ積もってきていて、悶々としていたことは事実。
その悶々さを見てみぬふりしてやり過ごし、気がつけばこうして気の抜けた状態になっていた。

ということで、反省。練習モード突入。
いろいろ練習には悩みがつきものだけど、とりあえず、今までの自分、自分らしくやっていた自分を取り戻そうと思います。自分のペースをちゃんと守って、やりたいことをちゃんとやりたい。




生活が変わってから自分の中の何かが変化してきたのか、どうも今までとは違う選択を自然としてしまうところがあって、たとえば仕事に重点置いちゃうとか、音楽よりも生活の心配ばかりしてるとか。
まぁ、でも、環境が変わればいろいろ対応しなくちゃいけなくなるし、それは自然な流れなのかなぁとも思うけど、自分の一番やりたいことが陰ってしまうような生活はやっぱり嫌で、そうならないためにも、今後どこに行っても、生活をきちんとして、自分の時間を守ってペースを守って生きられる強さを身につけたいと、思いました。




「憂鬱と官能を教えた学校」っていう本を、再び読みはじめました。音楽史とバークリーメソッドについての本です、大雑把に言うとwww。
音楽ってなんだろうと思って、なんであれこれ理論とか考えて音楽してるんだろうと思って、これから先、どんなこと考えて音楽してったらいいんだろうと思って、なんか、また読みたくなりました。

音楽が生まれた遠い遠い昔は、そこには音の規律も束縛も何もなくて、今よりもはるかに自由だったのだと思います。
現代に生まれた私たちには、私たちの生きてる時代に飛び交ってる音楽しか身体になじんでなくて、平均律が生まれたときから、実は音楽は不自由なものになってしまったのかもしれなくて、私たちの身体になじんでる音楽は、本当は不自由な音楽なのかもしれない。

人は、こうしていつも、いろんな物事に規律を与えたがるものなのかもしれませんね。
共通理解を図るために。
でも、だからこそ、学ぶことである程度のことはできるようになるのかもしれない。究極的に言ったら、それは本物じゃないのかもしれないけど。



という、最近の徒然。

09:58  |  徒然  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.06 (Fri)

全体 個人

さて、大阪府はみなさんご存知のとおり、知事のお陰でさくっと黒字に転向しました。
mixiニュースには、育児休暇とった社員を解雇する話しが書いてありました。

学校では、テストのあと、平均点を出します。
クラスごとの平均点を比較して、○組は良くできる、とか、言ったりします。

昔、部活の顧問が言ってた話しを聞いて、「あなたにとっては10年計画の活動かもしれないけれど、私たちにとっては今しかないたったの3年間なんだ」って思ったことがあります。

大阪府は黒字になったけど、知事のお陰で強制的に解雇された職員の方が身近にいます。
職員の減給より非常勤の方の減給のほうが10倍近く大きいです。




日本って国にいて、私たちは結局は国を支える住民なんですね。
っていうでっかい視点で見ると、いろんなこと、仕方ないと思う気持ちもある。
結果とは、平均値を見て語るもので、どんなに平均値が良くたって平均値から程遠いものもいたりするのに、あまりそこには目を向けられないみたい。

なんか、物事って、こうして全体をみてあーだこーだ言ってて、その全体にかかわっている1コマ1コマについては、あまんまりどうにもならないというかなんというか。

私ら庶民はただの1コマで、実際には風当たり強くて、仕事取り上げられたり大幅に減給されたり、そういう現場にいるからあれこれ文句言ってるけど、そりゃでっかい視点から物事見て平均値を上げるためにがんばってる偉い人たちからしたら、「仕方ない」ことになってしまうのも、分からなくないというかなんというか。



っていう、あちこちにある社会問題も、なんかず~っといたちごっこだなぁと、思うのでした。
自分が稼げるようになっても、どっかで泣いてる人だっているんだ。
自分がご飯食べられなくなって泣いてても、何億も稼いでる人だっているんだ。

ついでに女性は、子供を産める代わりに、いろいろ大変だなぁと思いました。



みんな、幸せになりたいからね。
自分の生活守るのに必死だよね。



13:32  |  生活  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.05 (Thu)

最近、夢の中に昔の景色がよく現れます。
昔って言っても、ここ10年くらいの間に起こったことだったり、見たものだっり。
なんだか懐かしくなって、その場所に行ってみたくなったりします。

なんでだろ。
誰か呼んでる?(笑)


そんなんで、行ってみたい場所とかを考えてみた。

たいていは学生時代に突発的に出かけた海だったりする。
不思議と、海の景色は心に残ってるんだなぁ。
自然と頭に浮かんでくるのは海ばっかり。
海好きなんかな(笑)


ひと月くらい自由になれたら、懐かしの海巡りとかしたいものです。

が、ひと月の休みなんて、普通ないよね(爆)



さて、今日はどんな夢を見よう。
02:08  |  ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.04 (Wed)

フライヤー





こんな立派なフライヤーを作っていただきました。あえて大きいままアップw。
す、すごい。

関西は、プロもアマチュアも関係なく、演奏する人たち、お店は、こうしてちゃんと宣伝活動に力を入れていてすごいなぁと思います。
ライブやるのにフライヤー作ってもらったのなんて生まれて初めてですw。

すごい上手そうでしょ???爆




フライヤー負けしないように、がんばります♪

12:17  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.03 (Tue)

アドバイス

時と場合によって、アドバイスは、意味を成さない。
アドバイスをしている立場の人の心理は、役に立ちたい、役に立てたという満足を得たい、という心理。
よって、アドバイスが伝わらなかったとき、アドバイスした立場の人は、落ち込んだり、ときには怒りを覚えたりする。


こころを軽くできる方法に、ただ話しを聞いてもらうという方法がある。
否定も過剰な肯定もなく、ただ吐き出せれば、それだけで心は軽くなることがある。



ただ聞く、ということ。
意見は無意味。
否定はしない。
うなずいて聞くこと。

それだけで十分に役に立っているのに、アドバイスしないと役に立った証を得られないと感じる心理。



与えるものと必要なものが一致しなければ、なにも意味を成さない。

自己満足に真の幸はない。

13:50  |  思考  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.02 (Mon)

演奏予定♪

演奏予定が、ぼちぼちと決まってきました(^^)
4月にふたつ。5月にふたつ。
今、高槻ジャズストリートのエントリーもしていて、うまくいったらそちらでも演奏できるかもしれません。
横浜ジャズプロムナードにも参加したことない私w。
なんかこういうでっかいイベント初体験です。


演奏予定には書いてないのですが、今度の土曜日、東香里のサンマルクで演奏します。
大阪に引っ越してきてから一度スタジオセッションで会ったピアノの女の子から、お誘いいただきました。ありがたいです、本当に。

サンマルクでは普段やらないポピュラーな音楽やクラシックなど、いろいろあって、ちょっと今週はあわてて練習してる感じ(^^;
でも、こうしてチャレンジさせていただけるのはありがたいことで、ホント、勉強になります。




高槻に出るのは初めてで、初めてのエントリーにはデモ演奏の審査があります。
で、土曜日の夜、相方と自宅で録音w。
久しぶりに自分の音を録音して、聞いて、いろいろ反省しました(--;
やっぱりこうして録音して、自分の演奏を客観的に聞くことは大事。
今度のライブではちゃんと録音しよー。
そしてもっと練習しよーwww。



さて、年度末で仕事もバタバタ。
4月からはさらに忙しい生活が待っています。
いろいろ、整理しつつ、もうちょっと、地に足つけて、計画的に生活できたらなぁと思います。
生活は、基盤。
がんばるぞぉ!
22:03  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |