2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.04.03 (Wed)

音楽をする

さて、音楽をやる上で、楽器がそこそこ上手く扱えないといけない。歌の人なら自分の身体が楽器になるのかな。
じゃぁ、楽器が上手くないからまずは楽器の練習をせっせとやって、それなりにならないと音楽にチャレンジできないのか。
って思うと、楽器の習得って大変だし、そしたら音楽ってとっても遠いもののように感じでしまうなぁ。

むかし何かのジャズ雑誌で見たんだけど、とあるミュージシャン(サックス奏者)のお話にこんなのがあった。
「私の父はサックス奏者です。私がサックスを手に取ったとき、たった一つの音しか出せなかった。父はその一つの音にリズムをつけて吹いてみせた。一つの音しか出せなくても音楽はできるんだよって」
って、たぶんこんな感じの話だったと思うんだけど(笑)
文脈はさておき(^^;

この話しは、私にとっては目から鱗で、とっても感動した記憶があります。
楽器がむちゃくちゃ上手くないと音楽にならないわけじゃない。
逆に、楽器がむちゃくちゃ上手くても音楽にならないことも多々ある。
そして、音楽に大事なのはリズムだってこと。

そうかそうか。。。

「音楽」って、演奏できることっていう単純なものじゃないし、譜面のとおりに吹けても、間違いなく演奏できても、「音楽」になるかどうかはまた別の要素が必要で、うまいこと書けませんが、そんなことを最近よく思います。

どこかのサイトで見たんだけど、日本人ってとってもまじめなので、何でも基礎がちゃんとできて、それからでないと先には進めない、進ませてもらえなくて、そんなんで音楽的でない基礎ばっかりやってるうちに「音楽」自体からちょっと遠いところに離れてしまって、楽しくなくて続かない、とか。そんなのも分かるような気がしました(^^;

なんでもそうだけど、本物にちゃんと触れて、その感触を覚えて、それができるようになるために必要なものを自分に取り入れていくって作業、大事だよなぁと思ったりします。気づくとか、考えるとか。

何でも根っこを与えすぎなのかな、日本人の教育って。


とか言いながら、最近基礎練習が楽しくてなりません(爆)
防音ブースをゲットするまでの数ヶ月はなんとなく思い切り吹けなかったので、思い切り基礎練習できず、必要最低事項だけの練習だったのでだいぶいけないことになってまして(^^;
そんなんでいろいろ基本的なことを確認しながらやってます☆
楽器に自由になりたいと思うと、やっぱり基礎練習って成果が見えやすくて割と好きですw
そして、時々基礎練習のパッセージが楽しげな音楽に聞こえてきたりして、なんか変な曲をノリノリで吹いているような気持ちでやってますw
12:32  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://naokot.blog39.fc2.com/tb.php/348-b68e3c6e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |