2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.10.04 (Fri)

母の呪縛

ノンストップ見てたら「母の呪縛」ってテーマでサミットしてたので、つい(^^;

女性はとくに母親からの呪縛ってあるみたいですね。
自分の生まれてきてからのこととか、母に言われた言葉でいまでも心にずっと残っている言葉ってやっぱりあって、でも母は覚えていない「そんなこと言ったっけ?」てな感じ。
言葉でなくても、母の姿を見て育っているわけで、自分がこうなったのも仕方ないというか。
親の世代だからなのか、母だからのかわからないけど、自分の好きなことなんて何一つできずに、いつも父のペースに合わせ身の回りの世話や家事、仕事もこなし、愚痴をこぼしながらも毎日過ごしていた母。
私がなにかやりたいことがあると、やりたいことができる人なんて一握りなんだから我慢をしなさいと、いつも言われていたように思います。
好きなことがあって、それをやろうとしてる私をあまりいい目では見ていなかった。
それは、自分が好きなことができなかったからなのか、経済的な事情もあったのか、理由はいろいろあるんだろうけど。
だから私はいつも人を羨ましいと思って生きてる気がする。
好きなことをしてる人を羨ましいと思い、楽しそうにしてる人にいい顔ができない。
そうそう、そう思えば、私はいつも友達を出掛けるのでさえ親に気を使い、いい顔されない、罪悪感をいつも抱えたまま出かけていた。
それは今でも同じで、相手が親でなくとも、私が出かけるとか、好きなことをするとか、そういう行動にはいつも罪悪感がつきまとう。
そして、人にもそういうふうに接してしまう。いい顔できない。
あなたはいいわね、楽しそうで・・・・って。
我慢を強要されて育つとそういうことになるのかw

かと言って、いまはそんな環境にはいないのだけれど、我慢の環境に慣れていたからか、好きなことをしていいとなるとそれはそれは罪悪感との戦い。
困ったものです。
あと、そうやって自分のことはぜんぶ我慢して生きてきた母を見てきたせいか、私はもっと我慢をしなくちゃいけないと思うし、母のように家事も仕事ももっともっと完璧にやらないといけないと思う。
で、家事すらろくにちゃんとできていない自分を毎日責めるのです。
あーあ。

先日実家に帰ったせいか、なんかこんなことをあれこれ考えてばかりで、呪縛というか、そういうものがまた色濃くなってきていて、もんもんとした時間を過ごしている。あかん。
あたまでは理論的にはそんなん違うとか気にするなとか分かってても、湧き上がる感情はどうもうまく操作できないものです。
ひとりっこってのもあるのかな。
親のことは全部自分一人で抱えるしかないのだ。
私が結婚や出産に積極的になれないのは、そんな環境の影響もあるのでしょう。女は家事も仕事も全部やらなくちゃいけないし、好きなことなんてやる時間は持てないし、我慢があたりまえなのだ。
って古臭い!
11:16  |  生きる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://naokot.blog39.fc2.com/tb.php/377-6d144bc6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |