2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.10.27 (Sun)

20131026ケルンライブ♪



10月26日(土)は私のお師匠さまでもあるフルートの小島のり子さんのトリオとご一緒させていただきました。
のり子さんとは出会ってからもう〇〇年?が経ち、まさか一緒にライブさせていただく日が来るとは。もう夢のような一日でした。
のり子さんのアレンジしたフルート2管の譜面。ハーモニーが気持ちよくて、吹いていてわくわくしました。やっぱり同じ楽器でのハーモニーはいいですね。普段なかなかフルート&フルートで演奏できることがないので、久しぶりの感覚に心躍りました(笑)

出会った日のこと。
レッスンに通い始めたときのわくわくした気持ち。
泣きながら練習してたこと。
緊張した発表会。
酒飲み門下生の会合。
まさかの卒業。
大阪での再会。
そしてこの日。

いろんなこと回想して、ちょっとキュンとしました(笑)

のり子さんは、私がこんなことを書くのはとっても生意気だと思うのですが、一年に一回くらいしか演奏を聞くことがなくなってしまったけれど、会うたびいつも進化しています。
昔、せっせとレッスンに通っていたころ、演奏のスタイルとか内容とか髪型とか(笑)いろんなことがのり子さんに似ていると、良く言われていました。それは私にとっては嬉しいことで、そんなふうに言ってもらえるようになれたんだなぁなんて思っていました。
でも、逆の指摘もあり、似ているのは個性がないとかとかとか。
レッスンを卒業させてもらってからかれこれ6年くらい経ち、昨日久しぶりに一緒に音を出してみて、あー、のり子さん進化している!!!と感じ、私もまた以前とは違う何かを少しは身に付け、すごく近くにいた距離感が良い意味で離れていってるような、そんなことも感じました。とはいえ、居る場所(レベル)はぜんぜん違うんですが(^^;私はもっともっとがんばって、いろんなことができるようになりたいと、あらためて思いました。

のり子さんの演奏聞いてると、やっぱりフルートの人だなぁと、思います。
フルート奏者であるのり子さんの書いた曲は、やっぱりフルートで吹くと美しい。しっくりくる何かがある。
いつもサックスとかトランペットとか、フルートが負けちゃうような音量やら存在感やらをもつ楽器と一緒にやっていて、負けたくないから張り合っちゃうとか、そういう気持ちがちょっとあったけど、そうだ、フルートはフルートの持ち味を大事にすればいいんだ、と、昨日、あらためて感じたのでした。

あぁぁぁ、ちょっと力んでぶりぶり吹きすぎたなぁ。でも、それも私だからしょうがないかぁ。。。(‐‐;

プロのすばらしい方々と共演させていただけて、本当に本当にありがたい一日でした。
盛良さんのベースと悌治さんのギターと演奏させてもらえて最高に幸せでした。
アフターの音楽談義、いっぱい勉強になったり、わくわくしたり、なんかもうここに居られるだけで幸せでした。
そして、一緒に演奏していただけて、本当に本当に感謝です。
聞きに来てくださったお客さまにも、本当に本当に感謝です。
私にとっての超スペシャルな日。
ありがとうございました☆

523567_532864163469717_816107091_n.jpg
19:18  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://naokot.blog39.fc2.com/tb.php/379-ae58c7d2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |