2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.05.21 (Wed)

心について学んだこと。

一昨年くらい、わりと鬱になって、動機とか体調の変化に気が付いて、これちょっと気をつけないとまずいんじゃないかな~って思ったことがあって、病院に行く勇気はなくて、それで、いろんな本を読んでみようと本屋に通ったことがあった。

出会った本で、私を助けてくれたものは、「恋愛依存症」っていう、心の病と向き合う手段と解決策が書いてある本。
それと、「人生の答えはいつも自分の中にある」っていう、アランコーエンの本。
どちらの本も、ものすごく私を助けてくれた。

人にはそれぞれいろんな過去があって、みんなそれぞれ背負って生きている。
若い頃は、現実直視できずにいたこともいっぱいあるけど、そうやって直視しないでやり過ごしてきた過去に、実は今も支配されていたりするのだ。気付いてないだけで。

過去をどんな風に自分の中で消化し、許していくか。
自分が元気になれる手段って、それだけ。
事実と向き合うこと。逃げないこと。

向き合うと、許せるようになれる。

今はそれを知ったから、起こる事実に背を向けずに、向き合って解決して許して、生きていきたいと思う。
そのほうが、ずっとずっと心は元気でいられることが分かったから。


いろんな妄想ってあって、妄想って現実とはちょっとかけ離れていることも自由に思い描けるから、良くないこともどんどん思い描いて、それが現実であるような気にさせられることもある。

現実を直視して、事実を見て、そこにある理由とかきっかけとか、そういうものを冷静に理解しようとすることで、心が軽くなることって多いんじゃないかと思った。
意外と浅い傷なのに、大きくしてるのは自分の妄想だったりするってこと。

昔は、現実って辛いって思ってたけど、実は辛い現実に仕立て上げてるのは自分の心で、本当の現実は、意外と幸せだったり、するんじゃないかな。
14:17  |  心の声  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://naokot.blog39.fc2.com/tb.php/6-6c8f7cd0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |